釣りを趣味にしている方の中には海岸からや湖の縁から、砂浜(サーフ)からの釣りに満足できなくなってきたという方がいらっしゃると思います。釣りをする方なら船釣、海岸から離れての釣りをやってみたいと思う事があるでしょう。乗り合いで船に乗り乗り合わせたお客さんとの釣りも周りのお客さんがとても上手な方が多くいらっしゃり、ポイントの選び方などは間違いがないかもしれません。しかし仲間内だけで楽しみたいときもあると考えられます。

ポイントの移動や出航時間、帰航時間などを自由に決めることができる魅力はとても大きいです。そこで小型船舶免許のような船舶免許を持っている方が仲間内に一人でもいれば、船舶をレンタルし船釣りを楽しむことができるようになります。海岸や湖の縁からの釣りだけでなく、ボートや船に乗っての釣りを楽しむことができることによる釣りの種類や、釣れる魚の種類の幅の広がりはとても大きなものです。小型船舶免許の取得により自身の趣味の幅の広がりはとても大きなものになるでしょう。

小型船舶免許とはいえ国家資格であり取得には多くの時間や努力が必要となると思われます。学科試験や実技試験など事前に学科の授業や講習を受けるなどして準備する必要がありますが、これらを乗り越え小型船舶免許を取得することができれば自身の趣味の幅が広がり、自身の人生の充実度のみでなく、共に釣りをする仲間の趣味も広がり、大きな楽しみができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です