小型船舶免許は各国が独自に運用を行っている制度に基づき、発行が行われている免許となります。日本で取得した免許は日本国内のみで有効ですから、海外で同様の免許を取得しても、日本では新たに取得する必要があります。日本の小型船舶免許には一級や二級などの等級があって、一級は水上オートバイ以外のボートを操縦できるトップクラスの免許です。総トン数20t未満かスポーツやレクリエーション目的の24m未満のボートを、水面の制限を受けることなく自由に操縦できるのが特徴です。

2級も操縦できるボートは1級と同じですが、18歳未満は5t未満のボートに限定され、水面は年齢に関係なく湖や川、湾など陸岸に囲まれた水域と海岸から5海里の海域のみで操縦が認められます。小型船舶免許の2級には、第一号限定という湖や川といった内水面に指定される一部海域限定の免許があります。操縦できるのは総トン数5t未満のボートで、エンジンの出力は15キロワット、約20馬力までです。水上オートバイの小型船舶免許は正式名称を特殊小型船舶操縦士といい、水上オートバイのみの免許となっています。

操縦が認められる水面は、水上オートバイの航行が可能な区域全般です。具体的には湖岸や海岸から2海里、約3.7kmの範囲ですから、かなり広範囲で岸から離れて海を楽しむことができます。種類によって受験、取得が可能な年齢は異なりますが、水上オートバイは15歳9ヶ月から受験可能で、16歳以上で免許が取得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です