海で釣りをする人などは、陸から釣竿を使って釣りをするケースがほとんどです。この場合は、たいしてお金がかからない方で、釣れる魚は決まってくるためそこまで面白みがあるとは言えないでしょう。これに対して、もし小型船舶などを持っていれば小型船舶を利用して沖合まで出ることができます。あまり遠くまで行ってしまうと大変ですが、ある程度沖合まで出ると海の深さも変わってくるだけではなく、釣れる魚も随分と異なるものです。

そして何よりその方が面白いと言えるでしょう。もし、沖合まで大船を借りるか小型船舶免許等を取得しておくことが必要で、教習所でも取得することができるため、検討してみても良いかもしれません。小型船舶免許取得は、非常にお金がかかるのではないかと言われていますが、実際には自動車免許を取得する方がよほどお金がかかるわけです。小型船舶免許の取得にかかるお金は、60、000円程度と考えて良いでしょう。

仮に教習所に通う場合も、それほど長期的に通うわけではありません。とは言え、内陸に住んでいる人はなかなか近くに教習所がない可能性が高いです。そもそも実地試験などを想定して、船舶を動かすことが必要になるため、海や川などの近くに教習所がありますが、そもそも海の近くや大きな川の近くに住んでいない人は通うのが大変になります。その場合には、数日間宿泊をして通うことも大事になるかもしれないわけです。

それだけ継続的に行えば、取得することは難しくないです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です