小型船舶免許には1級と2級、湖川小出力限定の2級と特殊の4種類が存在します。1級は海岸から5海里を超えて外洋で無制限に航行できますが、沿海区域の外側80海里以遠の場合は制限があります。2級は基本的に海岸から5海里まで航行できるものの、18歳未満は船舶の大きさが5トン未満に制限されます。湖川小出力限定の2級免許は基本的に航行区域が湖や河に限定されていますが、一部海域でも船舶を操縦できます。

操縦可能な船舶は総トン数が5トン未満でエンジン出力が15キロワット未満となっています。特殊免許や水上バイクを操縦したい場合に必要になり、湖岸や海岸から2海里までの区域を航行可能です。受験資格は1級の小型船舶免許が満17歳9か月であるのに対して、その他の区分は満15歳9か月です。2級免許は満18歳まで若年者限定となり、満18歳になったときに制限が自動的に解除されます。

小型船舶免許の交付時期は1級が満18歳でその他は満16歳とされています。免許を取得するには独学かスクールに通う方法があります。独学は実技試験の対策ができず、試験で初めて船舶を操縦することになるので合格率が低いという特徴が存在します。登録小型船舶教習所に通って規定の教習を受ければ国家試験が免除されます。

効率的に小型船舶免許を取得したいのならば、独学ではなくスクールに通うとよいでしょう。免許取得のためのスクールには様々なものがありますが、トップクラスの実績を誇るスクールでは全国各地に教習会場を備えています。豊富なコースの中から自分に合ったものを選べるため、忙しくて時間に余裕がない人でも効率的に小型船舶免許を取得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です