小型船舶免許を取得すると次のような点でメリットがあります。まず何よりいいのは、船釣りをする時に自分で船を操縦できることです。釣りは陸からでもできますし、なんだったら乗り合いの釣船や操縦士ごと船をチャーターしてでもできます。でも自分で操縦する船でする釣りは、それらとはまったく違ったロマンや充実感を与えてくれるはずです。

また、チャーター船や乗り合い船で釣りをすると行きと帰りの時間が限定されてしまうのもネックです。その上で釣りのポイントも船長に一任されることになるため自由度があまりありません。そのせいで時間に間に合わせるためにあわただしく準備したり、ちょうど釣果が上がって最高潮になったところで帰らなければいけなくなるなんてこともおこるわけです。その他にも一緒に乗り合わせた他の釣り客とのやり取りが煩わしかったり、釣る際の餌や魚の種類が決められていて自由がないということもよくあります。

船長に一任することで釣りに集中できるというメリットはあるものの、もっと自分らしいものを求めている方には不向きといえるでしょう。その点小型船舶免許があれば、自分で船を用意さえすればどこでどれだけ釣ろうと制限されることはありません。また船や海についての基本的な知識も増えるので、より安全な航行や釣りを楽しめるようになれます。ちなみに小型船舶免許は教習所で講習するか一発試験を受けることで取得可能です。

操縦したい船の種類によって一級、二級、小型特殊と分かれているので、自分のニーズに合った物を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です