海の上をかっこよく走行している小型船を見ると「自分も自分の船を買って運転してみたい」と思う気持ちになります。しかし、船を買ったら誰でも運転できるというわけではありません。船舶免許を取得する必要があります。では、船舶綿所をとるためにはどんな条件が必要なのでしょうか?船舶免許とは正確には「小型船舶操縦士免許」という名称でこれは国家試験となります。

エンジン付きのヨットやボートさらには水上バイクやオートバイに乗る場合でも船舶免許は必ず必要です。船舶免許を取得することで、海での遊びの幅が広がるうえに安全に走行できます。船舶免許の取得条件としては、1級の場合は満17歳9ヶ月2級の場合は15歳9ヶ月となっていますので、早ければ中学生でも運転が可能ということです。しかし、命の重さを認識するには中学生ではまだ不十分ですので、親は自分の子どもに免許を取らせたいと考える際に慎重に検討することが大切です。

条件としては矯正視力両眼とも0・5以上必要であることや、夜間において船舶の灯火の色を識別できる、5メートル以上の距離で普通の大きさの声音の弁別が出来る、健康であることなどが条件となっています。学科試験と実技試験の両方が行われ、無事に試験に合格したなら免許の交付となります。免許を取得したい、という方はインターネットで検索するなら試験内容や条件等を知ることが出来ますので、ぜひ調べてみることをおすすめいたします。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です