船舶免許証には多くの種類がありますが、特殊小型船舶免許証は水上バイクのみが運転可能となっていますが、一級船舶免許証を取得する事で移動範囲の制限がなくなるために、海外へでも行く事が出来るでしょう。ですが、一級船舶免許証を取得するためには非常にハードルが高いので、取得する多くの人が仕事として船を運転する人のみとなっています。船の免許証を取得しても船を購入して管理するためには多額の費用が必要となるために、多くの人が船をレンタルして遊んでいるのが現状です。船をレンタルする場合には船舶の免許証が必要となりますが、マリーナごとに年会費が必要となりますが、対象のマリーナーで講習を受けることが必要不可欠です。

講習では人命救助や船の操作方法の指導を受ける事となりますが、免許証を持っている人なら誰でも理解できる内容のみとなっていますが、講習なので合否はありません。講習の参加にも参加費が必要となりますが、年会費や講習費用はマリーナの運営に必要なお金なので参加者がマリーナを支えていると言っても過言ではありません。船の場合には人数分のライフジャケットを積載しておく必要があるので、事前に人数をマリーナ側へ伝えることが必要でしょう。嘘をついて利用すると万が一の交通事故にも保険適用外となるので、後々困るでしょう。

レンタル費用は人数に関係なく統一されているので、人数が多くなる程お得に利用することが出来るメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です