釣りが趣味な人にとって、船の運転は憧れでしょう。特に、エンジン付きの小型船舶を操縦できるようになれば趣味の幅がもっと広がることになります。そこで必要となるのが、小型船舶免許ですがさまざまな種類があります。比較的合格率は高い試験になりますが、小型船舶免許の難易度はどんなものか確認しておくとよいです。

そもそも、小型船舶免許は国家資格のため取得には国土交通省が行う国家試験を受験する必要があります。試験では、学科試験のほかに身体検査や実技試験が含まれるのでしっかり対策をしておきましょう。小型船舶免許は、一度取得したからといって永遠に使えるわけではありません。有効期限が5年と決まっているので、日付が近づいたら更新手続きが必要です。

免許の種類は、1級と2級に特殊と湖川小出力限定の4種類があります。特殊では、水上バイク限定の資格のため高確率は高く、96%と言われており満16歳から取得ができます。ほとんどの人が合格していることから、中でも取得しやすい免許といえるでしょう。続いて2級は、小型船舶のなかで最もポピュラーな免許です。

この試験に合格すると、総トン数20トン未満のボートが操縦できます。5海里以内で釣りを楽しみたい人に向いている資格で、合格率も97%と高めです。一般は、最も難易度が高いため他より合格率は低めの92%となっています。しかし、この資格をとれば程すべての水域を自由に走れるので広い範囲で釣りをしたい人であればぜひ目指したいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です