小型船舶免許があれば、海で自分だけの時間を持てたり、趣味の範囲が広がるので大きな意味があります。資格がないと運転できませんから、しっかりと対策を立てて取得するとスムーズに取れます。決して難しいという資格ではないので、あとは対策がカギになってきます。小型船舶免許には2級と1級の資格があります。

2級では20トン未満の小型船舶限定で、海岸から5海里以内を航行できる資格です。1級は20トン未満の船舶を全ての海域で航行できます。より遠くへ広く航行できるのが1級ということです。この他にも水上バイクとジェットスキーに必要な特殊小型船舶免許もあります。

自分が乗りたい船舶の種類によって免許が違うので、まずはそのあたりをはっきりとさえることがスタートです。試験は国家資格ですので、基準は全国で均一です。書類上のチェックで終了する身体検査をクリアしてから、学科試験と実技試験があります。学科試験は専門知識を問う問題をテストされます。

次が肝心の実技試験ですが、国土交通省登録の教習所はメリットがあります。指定の実技の講習を完了して認定試験に合格すると、小型船舶免許の国家資格の実技の合格レベルに達していると認定されて免除されます。つまり試験場の慣れない環境ではなく、いつもの教習所で実技をクリアできるのです。こちらの方が緊張もしにくく、慣れたコースですから安心できます。

スクールに通うなら、この利点を生かすためにも、国土交通省登録を確認するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です