車を運転するのと同じように船の操縦にも免許が必要です。これを船舶免許といいますが、個人で利用する大きさの船であるなら小型船舶操縦士免許の取得が必須となります。免許にはいくつか種類があり、4つの区分に分かれます。一級、二級と湖川のみで利用する湖川二級にバイクなど船以外に乗る特殊船舶免許です。

この違いは海での操縦可能な範囲と乗り物によるものなので、目的に合ったものを選びます。船舶免許の取得は一見難しそうに思えますが、意外にも運転免許より短期間で取得できるので、希望者にとっては魅力的であるといえます。国家資格である船舶免許の取得方法には複数ありますが、独学で勉強するよりは教習所や免許スクールを受講する方がおすすめです。免許取得のためのカリキュラムには、学習と実習があるため実際に足を運んで学ぶ方が良いからです。

特に実習で学ぶ操縦方法には危険が付きまといますから、しっかりと学ばなければなりません。自分は勿論のこと、同乗者の安全を守ることが重要だからです。学習に関しては対面の必要のないWEBによる方法もあります。受ける免許によって履修に必要となる時間は変わりますが、短くて半日くらいから長くても2日ほどなので、集中して学べば数日で船舶免許の取得も夢ではありません。

一度に複数の免許を取得することも可能で、その場合には実技試験が免除されるなどのメリットがあります。これがあれば釣りやマリンスポーツなどで海での行動範囲が広がるので、アクティブに楽しめるようになります。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です