船舶免許を効率的に取得するにはどうすればよいのかと、大勢の人たちが疑問に思っています。なるべくならば、最短距離で取得して小型船舶を操縦できるようになりたいと考えるのが普通の人たちの発想です。コストを抑えつつ素早く船舶免許取得できれば、無駄な時間を使わずに済みます。実際のところ船舶免許を取得する難易度はそれほど高くなく、免許スクールや登録小型船舶教習所を利用すれば誰でも簡単に取得可能です。

例えば特殊小型船舶操縦士免許をスクールで取得する場合、受講時間は学科と実技のいずれも半日とされています。船舶免許には一級と二級、特殊の3区分があり二級には普通免許と湖川小出力限定免許の2種類が存在します。最も難しい一級免許をスクールで取得する場合、受講時間は学科が1日から2日で実技は半日から2日とされています。スクールに通う場合は、卒業後に国家試験を受験し合格すれば免許を取得できます。

一方で登録小型船舶教習所に通う場合は、所定の学科・技能教習を受けて修了試験に合格すれば国家試験が免除されます。特殊小型船舶操縦士免許を登録小型船舶教習所で取得する場合の教習時間の目安は、学科が6時間以上で実技は1.5時間以上とされています。最も難しい一級は学科が24時間以上で実技が12時間以上です。スクールと登録小型船舶教習所のいずれを利用する場合も、比較的短期間で船舶免許を取得できます。

国家試験は独学でも挑戦できますが、短期間で確実に免許を取得したいのであればスクールか登録小型船舶教習所を利用するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です