合宿免許は、通常の方法で自動車教習所に入所する場合に比べ、料金が安く設定されていることが多いという特徴がありますが、最も大きなポイントは運転免許を短期間で取得できることにあります。運転免許の取得に掛かる日数は、入所日から修了検定までが1週間から10日間程度、その後卒業検定までが10日間程度、これらに運転免許試験場での試験日を加えれば、最短でも20日から1ヶ月程度は必要になり、仕事を持っていたり他に優先すべき用事があれば、更に日数を費やすことになります。混雑状況によっては車の予約を入れることもままならないため、実際には最短でも1ヶ月半から2ヶ月程度は必要となるのが一般的です。一方合宿免許であれば、入所時に計画的なスケジュールが組まれるほか、車の予約が取れないということも無いため、修了検定や卒業検定を一発で合格すると仮定すれば、入所から卒業検定までを最短約2週間ほどで終わらせることが可能です。

運転免許試験場で実施される本試験は、卒業から1年間が有効期間となっており、この期間であればいつでも試験を受けることができます。合宿免許の場合、遠方の自動車教習所を選択することもありますが、運転免許試験場で受験する本試験は、住民票のある地域を管轄している試験場で受験する必要があるため、合宿免許を卒業し自宅に戻ってからの受験となります。このため、合宿免許卒業後に本試験受験のために現地に残る必要もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です