船舶免許は総トン数が20トン未満の小型船舶を操縦するために必要になります。この免許には一級と二級、特殊の3区分がありさらに二級には普通免許と湖川小出力限定免許が存在します。海岸から5海里を超えて外洋で自由に小型船舶を操縦するには、一級小型船舶操縦士免許を取得しなければなりません。二級小型船舶操縦士免許の普通免許は海岸から5海里以内が航行可能範囲ですが、18歳未満の場合は総トン数が5トン未満に限定されます。

湖川小出力限定免許は基本的に湖と河川のみを航行でき総トン数5トン未満、エンジン出力15キロワット未満に限定されています。特殊小型船舶操縦士免許は海岸や湖岸から2海里以内で、水上オートバイを操縦するために必要となります。水上オートバイは水上バイクやジェットスキーなどとも呼ばれていますが、いずれも同じものです。マリンスポーツとして水上オートバイを楽しみたいと考える多くの人たちが、この免許を取得しています。

船舶免許には異なる種類がありますが、基本的な取得方法は共通しており難易度もそれほど高くはありません。多くの人びとが選んでいるのは免許スクールに通って国家試験を受験する方法です。免許スクールでは、国家試験合格に向けたプロの講師による学科・実技講習が行われています。登録小型船舶教習所を利用する方法もあり、学科・実技教習を受けて修了試験に合格すれば船舶免許を取得できます。

免許スクールの方が施設の数が多く、自分のスケジュールに合わせて受講できるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です